人気ブログへの道!興味を書きながら近況報告と共に生きる

精神的な病についての記事

 

精神的な病についての記事

 

あまり知られていない、強迫性障害という病気。ガスの元栓が気になる鍵をかけたか気になって仕方がない
などその病気について書いていこうと思います

 

<強迫性障害について>

 

強迫性障害という病気はかなりの種類があります。ガスの元栓、鍵の確認行為、そして脅迫観念、こちらは嫌なことをイメージしたり、頭のなかで何回も同じようなことを考えてします病気です。車で人をひいてなかったか、戻って確認したり、ひいてないことを頭の中で何回もイメージしたり、手が汚く思って何回も手を洗ったり、4という数字が嫌で避けてみたり、小さな点が気になってしょうがなかったり、コンセントから火がでると思って、何回も確認してみたり、自分の買った商品が汚れているんじゃないかと、何回も拭いてみたり、文字や数字に引っかかり、本も読めない状態になったり、忘れ物がないか何回も座っていた場所を確認してみたり、人に危害を加えるんじゃないか、店の物を取ったのではないか、とかなりの種類があります。

 

<重症化すると>

 

家から一歩も外に出られなくなり引きこもりの生活になってしまいます。ある人は4ヶ月以上風呂に入れなかったり、お尻を拭きすぎて、4時間ほどトイレから出られなかったりしたらしいです。日常生活に支障をきたすようなら完全な病気です。心配性の範囲を超えているからです。
<強迫性障害になる原因>
これは今やまだ、謎です。考えられるのは、気質要因(幼少期、感情や行動を強く否定されたり)、遺伝や脳の機能障害(セロトニンという神経伝達物質に支障をきたしているのではないか、脳の神経ネットワークに支障をきたしているのではないか)、環境要因(強いストレス、例えば仕事や育児、虐待など)いろいろ考えられますが基本は何も分かっていません。

 

<強迫性障害になりやすい人>

 

これは几帳面や真面目だったりする人が多いみたいです。

 

<強迫性障害と関連したなりやすい病気>

 

不安障害やうつ病などがなやすい傾向があるみたいで
す。

 

 

<強迫性障害の治療法>

 

基本、薬物療法で治すみたいです。個人的な方法で治す人もいるみたいですが、なかなか難しいらしいです。自然と治ってしまう人もいるらしいです。

 

 

あまり知られていない強迫性障害という病気、他の人から見れば変に思われるかもしれませんが、当の本人はとても苦しんでいます。みんなに知ってもらえると嬉しいと思い書きました。
※私は医者でも無く医療のことは分かりません、ここで書いた内容はあくまで素人の感想です。読んで頂いた方は自分の責任で判断していただき、私は責任を負いません。