人気ブログへの道!興味を書きながら近況報告と共に生きる

縄跳びは爪鍵。爪を健康状態にして挑戦

 

縄跳びは爪鍵。爪を健康状態にして挑戦

 

先日、突然5歳の息子が縄跳びをやりたいと言い出したのですが、いったいどう教えればよいのか分かりません。
そこで、縄跳びを教えるコツを調べてみました。

 

 

縄跳びの調整

 

縄の長さを子どもの身長に合わせることは、縄跳びの最優先事項です。
縄跳び両端のグリップを握り、両足で縄の中央を踏んだ際、グリップが丁度脇の下の高さに来るように長さを調節してあげましょう。

 

 

手足は別々に

 

早速、縄を持って飛びたいところですが、ジャンプの練習と縄を回す練習を別々にしてから、実際に跳ぶ練習に移る流れが上達の近道です。

 

 

ジャンプ

 

まずは縄を持たずに、その場で一定のリズムで連続ジャンプしてみましょう。
大人が手拍子をして、それに合わせてジャンプできるようになれば合格です。
最初はベタ足で着地してしまうと思いますが、爪先だけで着地できるようになるまで練習しましょう。
リズム感が悪い場合、大人が子どもの両手を持って一緒に跳んでみましょう。

 

 

縄を回す

 

リズムジャンプができたら、次は縄を回す練習です。
両方のグリップを片手で持って、脇を締めて、肘を固定し、手首で回せるようになるまで練習します。
始めは腕を大きく回してしまうと思いますので、大人が手本を見せてあげましょう。
上手に回せるようになったら、リズムジャンプに合わせて縄を回す練習です。
両手ともリズムジャンプに合わせて回せるようになったら、いよいよ実践です。

 

 

跳んでみよう

 

両手で縄を持って跳んでみますが、最初は縄を回して足に当て、それを跳ぶ練習をします。
これを徐々に速くして行くと、なんとなく跳べるようになっていきます。
始めは、一度縄を回す毎に、二度ジャンプして飛ぶとタイミングが掴み易いと思います。

 

 

チェックポイント

 

大人は子供のココをチェックしましょう。
ジャンプは爪先で着地しているか、手首で縄を回せているか、顔は正面を向いているか、膝が伸び切っていないか。
また、練習と言っても、子供はすぐに飽きてしまいますので、一日で飛べるようになる事を目標とせず、できなくて投げ出してしまっても、集中力が続く時間で次に繋がる練習をしましょう。
大切なのは、大人が焦らないことです。
「前より上手になったね」と、子どもが楽しくなる声かけをすることが大切です。

 

すぐには跳べなくても、マニュアル通りにいかなくても、遊びながら根気よく付き合うことが大事だと思います。
頑張ったらできたという経験、子どもにたくさんさせたいですね。

 

よく爪に縦線や凸凹ができる場合は健康では無い可能性があるので、しっかりとケアをしましょう。